週刊 あはきワールド 2013年6月5日号 No.331


ノンノイズ刺鍼やLST回旋術、マッスル鍼法など
情報コーディネート鍼灸から生まれた
新しい刺鍼術を学ぶ

第2回手渡しで伝えたい「情報コーディネート鍼灸」セミナー開催される


押手をしないダブル刺手法「ノンノイズ刺鍼」の実
技をする宮村氏
 第2回手渡しで伝えたい「情報コーディネート鍼灸」セミナーが5月19日、東京・中野区の寿環で開催された。講師は『手渡しで伝えたい 情報コーディネート鍼灸』(ヒューマンワールド刊)の著者、宮村健二氏が務めた。

 セミナーは、まず押手をしないで無痛で刺せる画期的な刺鍼法、「ノンノイズ刺鍼」の実技から始まった。ノンノイズ刺鍼は、著書の中では22工程に分けてやり方が説明されているが、今回は半分の11工程に短縮した最新バージョンが紹介された。


確実にコリを取る刺法「LST回旋術」の実技(左)とインナーマッスルに刺す鍼の実技(右)をする宮村氏


 続いて、確実にこりを取るLST回旋術の実技、さらにインナーマッスルとアウターマッスルを刺し分ける鍼(マッスル鍼法)の実技が行われた。マッスル鍼法は、著書の中では紹介されていない、宮村氏オリジナルの新しい刺鍼術。「情報コーディネート鍼灸」から生まれた刺鍼術が「筋肉」にアプローチすることで新境地を切り開くのではないか。そんな予感がする鍼だ。

 セミナーの最後は、リトミックマッサージの実技。宮村氏自身、こり取りの鍼に併用しているというこのマッサージは、マッサージ単体でも十分に効果的だという。その名の通り、律動的なマッサージが紹介された。

 次回セミナーは12月に行われる(詳細はこちら)。

クリニカルストレッチセミナー
2013年6月開催
日時 <第1部>
 頚部、肩甲骨複合体、上腕部・肘関節・前腕部・手関節の
 クリニカルストレッチ

 2013年6月23日(日)9時45分~12時45分
<第2部>
 腰部・股関節複合体、膝関節・大腿部、下腿部・足関節の
 クリニカルストレッチ

 2013年6月23日(日)13時45分~16時45分
内容 即臨床で使えるクリニカルストレッチの実技を学ぶ
講師 山下貴士(アスレチックトレーナー)
会場 東京都内
詳細 http://www.human-world.co.jp/seminer/seminer037.html

あはき師のための変形徒手矯正術セミナー
2013年7月開催
日時 2013年7月7日(日)12時30分~17時30分
内容 AZP理論に基づく変形徒手矯正術』をテキストにして療養費(保険)取扱の基本事項から変形徒手矯正術の実技までを学ぶ
講師 西村久代(株式会社訪問リハビリ研究センター代表取締役)
会場 東京都内
詳細 http://www.human-world.co.jp/seminer/seminer038.html




トップページにもどる