週刊あはきワールド 2016年9月14日号 No.489

腹診の観察から見た「毒」と「邪気」の診察と鍼灸治療の実際 第4回

腹診とは(4)

~腹診での五臓の見どころと目標~

いやしの道協会顧問 大浦慈観 


◎第3回 腹診とは(3)
       ~腹診の目的~
 

前号では「4.腹診の目的」について述べました。今回はその続きで、「5. 腹診での五臓の見どころと目標」について解説します。

5.腹診での五臓の見どころと目標

私たちの腹診による五臓の見どころを具体的に述べれば、心臓の見どころは左胸・心下部・左腹直筋上部とし、動悸・圧痛・拘攣を目標とします(図8)。東洋医学でいう心臓は、解剖学的な心臓にとどまらず、心膜や大動脈を含む循環器系全般を指すことから、大動脈硬化症も範疇に入ります。これらは『難経』のいう「臍の上側」にも合致します。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる