週刊あはきワールド 2016年9月21日号 No.490

「気功」を使った鍼灸技術を磨く方法 その3

望診は空間から実体へ(1)

三丹塾代表 福嶋日出行 


 
 地球に大気圏があるように、人体にも身体を守る衛気が取り巻いています。

 気の感覚を学ぶ上で、衛気を感じ取る訓練は欠かせません。かつて気功がブームになった時、いろいろなものに手をかざして確認している人たちが結構いらっしゃいました。今で言えばさながらポケモンGOに夢中な人たちのようです。

 私も手かざしで感覚を追っていた時期がありました。意識を研ぎ澄ましていくといろいろ感覚を手のひらはキャッチしていくのです。興味ある方はぜひ体験してみてください。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる