週刊あはきワールド 2016年10月12日号 No.493

治療家のためのセルフエクササイズ 第6回

矢状面の姿勢異常へのアプローチ (4)

~腰椎の前弯減少(フラットバック)~

ATC&鍼灸師 山下貴士 


◎過去記事≫≫  もっと見る

フラットバックと腰部の硬結

 矢状面での姿勢異常として、腰の前弯が消失し、腰が丸まった状態はよくある異常でもあります。職業柄、前かがみになることの多い治療家にとっても、この姿勢異常は多いのではないでしょうか?

 腰椎は通常、前弯を持つ構造になっているので、腰の丸まった姿勢は、脊椎構造の崩れにつながり、椎間板や筋肉靭帯に不適切な負荷をかけることになります。ひどい場合は、椎間板ヘルニアにつながりますが、そこまで行かなくても、腰が丸まって筋がパンパンに張り、腰が痛むことは、よくある症状です。

 腰痛に関しては、内科的な原因は除外することは自分の症状としても、欠かせません。その後、単なる腰の筋の張りと確定されたなら、腰の状態を確認します。腰に母指を当てて押してみると、第2~4腰椎の外側、腎兪、志室、大腸兪あたりに、硬結を見つけることがよくあります。この硬結は、時々ビー玉状のしこりとして感じられます。鍼灸師であれば、刺鍼したくなることもあるかと思いますが、要は自分では刺鍼しにくい部位でもあります。また、人に頼むには、気も使いますし、過敏になっていることもあるので、圧の強度の調節が難しい部位でもあります。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる