週刊あはきワールド 2016年10月12日号 No.493

気の医学 臨床から診た世界 第22回

改めて、冷えとは何か

美的健康サロン 鍼灸希心院院長 安達一彩 


◎第21回 風邪とは何か
◎第20回 気膜とは何か
◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 「冷え」については以前も載せましたが「〇〇とは何か」シリーズに合わせて再構成してお知らせすることにしました。双方を読み合せていただくとより理解が深まると思いますので、ご覧になってみてください。

阻害要因

 冷えとは、カラダ内部に発生し生命エネルギーを阻害するエネルギーであり、病を生じさせる主要な要因となる。冷えをベースとして、風邪が侵入し、意識と合わせて阻害するエネルギーが発生し、病が生ずることを考えると全ての病に関与しているといって間違いない。

 「冷えは万病の元」と言われてきたが、これを理解するのに時間を要した。開業して20年たった頃だろうか。通常の鍼灸治療で解消し得ない症例が出てきたこと。病の本質をどのように掴んだらよいのか。全ての病に共通する要因はないか。などなどを熟慮した結果、推論と実証を積み重ねるうちにたどり着いた。冷えをエネルギーとしてみること。カラダの中を移動すること。冷えに温度差があること。冷えを自然界の法則性をもつものと捉えて症例ごとにその浸潤過程を観察してきた末に、全ての病のベースにあって病を生じさせる主要因だとの認識に至った。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる