週刊あはきワールド 2016年10月19日号 No.494

在宅ケア奮闘記 その118

社内研修で「営業力」と「手技力」を磨く

訪問リハビリ研究センター代表  西村久代 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 私が代表を務める訪問リハビリ研究センターのスタッフの仕事は、もちろん患者さんの施術がメインだが、それだけではない。そのほか、「営業会議」と「実践手技の勉強会」をそれぞれ月1回、仕事終わりの夕方から夜にかけて行っている。

営業会議では「営業力」を!

 営業会議では、今後、鍼灸マッサージ師にはどのような将来がやってくるのかなどを考えたりしながらワイワイガヤガヤ時事問題を中心に話をしている。この前の会議では、10月からの料金改正について、厚生労働省の社会保障審議会保険部会の資料を見て、療養費に関する議論の整理(案)からこれからの往療距離の考え方や同一家屋の請求の仕方などの情報を共有して、患者さんからの集金および領収書の発行などに誤解が生じないように検討を行った。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる