週刊あはきワールド 2016年11月9日号 No.497

治療家のためのセルフエクササイズ 第7回

矢状面の姿勢異常へのアプローチ(5)

~静的全身姿勢エクササイズ~

ATC&鍼灸師 山下貴士 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 これまで、頭、肩、腰椎の前弯、後弯の異常と4回にわたり、矢状面からみた姿勢異常を見てきました。体の部位ごとに対処していく長所としては、その部位を集中的に対処できるということがいえます。そのため、どこが姿勢異常の根本原因で、体の他の部位に影響を及ぼしているかがわかったときには、その体の部位をアプローチする方法は有効です。しかし、姿勢異常は体のどこから始まったか、的が絞れないこともよくあります。このような時に、姿勢の異常が生じている主な部位を一度に対処する方法もあります。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる