週刊あはきワールド 2016年11月9日号 No.497

気の医学 臨床から診た世界 第23回

意識とは何か

美的健康サロン 鍼灸希心院院長 安達一彩 


◎第21回 風邪とは何か
◎第20回 気膜とは何か
◎過去記事≫≫  もっと見る

定義

 感情、思考(マインド)、心の働きなどの精神活動を総称して意識と呼ぶ。精神活動は、脳だけによらずにカラダ全身によって、臓腑などのほかに骨もその役割を担いエネルギー管理を通して行う。ものごとに執着し同じ感情や思考を繰り返し続けていくと、意識が一点に留まる状態になる。すると冷えと合わさって生命エネルギーの流通を妨げさまざまな症状を呈する。冷えとマイナスの意識は同調しやすく、そこにエネルギーの滞りが発生するからだ。冷えという磁場にマイナスの感情などが合わさるとそうなる。マイナスの感情のみならず、正しいと思われる思いや信念も長く続けるとエネルギーの滞りは生ずる(愛などは除く)。ここもポイントの一つで、その際、骨はその意識を吸収し膨張することによって生命エネルギーの流通を妨げる。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる