週刊あはきワールド 2016年11月23・30日合併号 No.499

世界鍼灸学会連合会学術大会 東京/つくば 2016ツイート集

WFAS Tokyo/Tsukuba2016はどうでしたか?

その2


 
 世界鍼灸学会連合会学術大会 東京/つくば 2016ツイート集のその2です。前号では、「大会前につぶやきたいことは?」から始まり、大会の会場は? 大会の運営は? 商業展示は? 大会テーマ 「美しき鍼灸―持続可能なヘルスケアと養生」については? 大会全体の感想は? オープニングセレモニーは? そして各基調講演については? といったテーマに関するツイートを収載しました。今号では、実技セッション全般については? ランチョン実技セッションを含む7つの実技セッションは? 鍼灸サイエンティフィックセッション「直接灸による結核治療-原志免太郎とモクサアフリカ-」は? 特別セッション「世界で活躍する日本鍼灸」は? 市民公開講座は? 一般演題「口頭発表」は? 一般演題「ポスター発表」は? 朝の座禅の会は? ポストカンファレンス(実技講習)は? オプショナルツアー(江島杉山神社ツアー)は? などについてのつぶやきです。


閉会式の一コマ。左から形井秀一氏(筆頭副会頭)、劉保延氏(WFAS会長)、後藤修司氏(会頭)















実技セッション全般については?

ローバ・シン
 現在日本で行われている鍼灸実技の主なものを見ることができて、有意義だった。もちろん時間は足らず、十分な発表ではないが、どのような意図で治療が行われているかが、よくわかった。症状に合わせてツボを選ぶという方法がやはり多かった。日本の鍼灸は多様性がある、軽くて弱い刺激であると評価されているが、外国人から見てどのような印象だったか、知りたい。

ランチョン実技セッション1
「経絡治療の真髄~全身をみる鍼術~」(岡田明三氏、首藤傳明氏)は?

朝岡多乃
 岡田先生の「外国人には子ども騙しで十分」的なあざといパフォーマンスは結構楽しめた。ただ、経絡治療の優秀性をアピールするためには、もっと文献的な根拠や科学的な臨床データを示して論理的に説明できないと、見せ掛けのパフォーマンスにしか映らなくなってしまいますので、ご配慮いただきたかったと思います。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる