週刊あはきワールド 2016年12月14日号 No.501

『難経』私考 その51

望聞問切

欅鍼灸院 名越礼子 


◎その50 厥痛と真痛
◎その49 狂病と癲病
◎その48 傷寒病の意味
◎過去記事≫≫  もっと見る

61難は『内経』には見られない「四診の意義」を記述

 61難は四診の意義についての記述ですが、これは『内経』には見られないものです。望診とは病人の顔色を診てどの臓に病変があるのかを知ることとしていますが、ほかに病人の動作、皮膚の状態、体表上の異変、それに舌を診る舌診も含めます。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる