週刊あはきワールド 2016年12月21日号 No.502

「気功」を使った鍼灸技術を磨く方法 その6

陰陽における「間」

三丹塾代表 福嶋日出行 


◎過去記事≫≫  もっと見る

気功における「間」とは

 気功を行ううえで大切な感覚は「間」を捉えることです。この「間」とは表現しづらく、感覚的にも漠然として捉えづらいものと言えます。しかし、芸術や芸能など何かを表現する世界では、「間」の大切であることがよく言われます。

 それでは、気功における「間」とはいったいどのようなものでしょうか。動作を陰陽で言うなら、伸ばす方向を陽、戻る方向が陰となります。 陽0%から徐々に伸ばすことで陽を増やしていきます。この伸びていく中にも当然、陰が含まれています。この陰の存在がなければ陽は伸びることができないのです。

 陽が増していくのと同時に陰も増していきます。腕が伸びきってしまうと、実体では伸びが止まりますが、陽のエネルギーはまだそのまま伸びていきます。 やがて陰陽が拮抗した瞬間が訪れた刹那、陰陽の転換が起こります。そのとき、陰でも陽でもないカオスの状態となります。この一瞬こそが太極であり「間」なのです。

 これは、波打ち際の波の状態に似ています。押し寄せる力に従い、波は砂の上まで流れて行きます。が、やがて引き寄せる力に従い戻って行きます。その戻りに転換する直前、寄せるでもない引くでもない一瞬が訪れます。この一瞬が「間」となります。

 気功における気は昇降出入という運動形態で表現されます。「間」は、内外の気の出入の瞬間となります。気功における動作は気を淀みなく流していくための手段であり、その人自身の力みや歪、精神の状態をも表現するものです。

 そのため、気功では意識と深く結びつき、気の流れを捉えながら陰陽の転換点での「間」を会得するためにも、自身と向き合い「内観」する姿勢が大切となります。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる