週刊あはきワールド 2017年1月11日号 No.505

『難経』私考 その52

原穴と三焦

欅鍼灸院 名越礼子 


◎その51 望聞問切
◎その50 厥痛と真痛
◎その49 狂病と癲病
◎過去記事≫≫  もっと見る

62難の誤り

 62難は、臓には五輸穴(井滎輸経合)があるが、腑にはさらに原穴という一穴を加えて六穴にしているのはどうしてか、という問題です。ただし66難では、五臓に原穴がないということではなく、五臓に対応する経脈では五輸穴の中の輸穴が原穴を兼ねているとしています。

 この点については、滑寿は『難経本義』の中で、虞庶(ぐしょ)氏の説として、「この篇(62難)には誤りがある。66難を参照すべきである」と述べています。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる