週刊あはきワールド 2017年1月18日号 No.506

「気功」を使った鍼灸技術を磨く方法 その7

身体のゆがみには意味がある

三丹塾代表 福嶋日出行 


◎過去記事≫≫  もっと見る

身体のゆがみは内部の気の流れが阻害されている場合が多い

 人の姿勢のゆがみは、必ずしも筋肉の過緊張やゆるみに起因するとは限りません。むしろ、内部の状態によることの方が多いことは、臨床を通じて皆さんお分かりのことと思います。

 内部の気の流れが阻害されている場合、身体はそれを改善するためにほんのわずかに腰などを身体の楽な方にゆがめることがあります。ゆがめられる部位はその人の状況によってどこにでも起こり得ることです。ゆがみは関連する周囲の筋の緊張や気滞を引き起こします。慢性化すれば範囲も広がり気滞は経絡に影響しひずみも複雑化していきます。それはまるで、災害が起こった地域の復興が遅れて、さまざまな方面に影響が広がっていく様に似ています。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる