週刊あはきワールド 2017年2月8日号 No.509

『難経』私考 その53

井穴を起始とする

欅鍼灸院 名越礼子 


◎その52 原穴と三焦
◎その51 望聞問切
◎その50 厥痛と真痛
◎過去記事≫≫  もっと見る

五輸穴は五臓六腑いずれも井穴を起始とする、と古書で述べているが、
どういうことか?

 63難は、五輸穴は五臓六腑いずれも井穴を起始とする、と古書で述べているが、どういうことか? という問いです。ここでは、井穴は脈気の始であり、水流の源頭部のようなものなので、春夏秋冬の四季の中で最初の春になぞらえているということです。また、東西南北では東方に当たるとされています。ここでは、井を春あるいは東に当てていますが、五行の配属の意味はありません。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる