週刊あはきワールド 2017年3月1日号 No.512

◎◎はこう治す! 私の鍼灸治療法とその症例 File.35-1

腰痛はこう治す!(その1)

~腰痛の鍼灸治療法~

関西医療大学保健医療学部はり灸・スポーツトレーナー学科 坂口俊二 


◎本シリーズの過去File≫≫  見る

私の鍼灸治療法

 はり師きゅう師の道に入って30年、教員になって四半世紀が過ぎました。教育・臨床・研究のバランスを常に心がけてきましたが、やはり臨床力を高めることが教育・研究に直結することを痛感します。

 かつて、関西鍼灸短期大学(現 関西医療大学)の3年次の附属鍼灸治療所での実習では、教員の指導のもと、学生が治療を行うことができました(現在では資格取得前に自分の考えで治療を行うことは皆無だと思いますが)。そこでは、私を指名してくれる患者さんもいました。一生懸命治療をさせてもらいました。急性腰痛が関元への鍼で劇的に改善した例も経験させてもらいました。その一方で、「あなたの前回の治療、全く効かなかった」と言って、再び指名をしてくれた厳しくもありがたい患者さんもいました。本当に感謝です。

1.私の鍼灸治療法のベースは「臓腑経脈治療」
 学生時代は、川本正純(関西医療大学保健医療学部はり灸・スポーツトレーナー学科教授)に師事し、「臓腑経脈治療」を学びました。その教材になったのが、『澤田流灸療秘訣』『百症賦』『標幽賦』『通玄指要賦』『鍼道発秘詳解』などの歌賦です。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる