週刊あはきワールド 2017年3月15日号 No.514

「気功」を使って鍼灸技術を磨く方法 その9

気は意識と連動している

三丹塾代表 福嶋日出行 


◎過去記事≫≫  もっと見る

意識する場の変化で状態も変わる

 私の気功の師は、武術に長らく関わってこられた関係からか、意識の変化で身体がどのように変化するのかを図のようなパワーを使った方法の指導を受けました。


図1                               図2










 図1は腕を捕まれて曲げられるところを力で抵抗している模様です。この場合捕まれている方は手首に意識を集中させて緊張し必死で抵抗します。力と力のぶつかり合いなので、当然力の強い方が勝利をおさめますが、すでに肘が曲がった状態で始めるので、体勢的には抵抗する側が曲げられてしまいます。

 図2は同じ方法ですが、捕まれている方は意識を抵抗することに置かず、ただ指先で遠くを指し示すことに意識を置きます。曲げる力が加わると意識が指先から手首に行ってしまうと図1の状態になってしまうので、あくまでも指先で遠くを指し示す意識でいることが肝要です。その意識が保てると大きな力が手首に加わっても曲げることが困難になります。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる