週刊あはきワールド 2017年4月5日号 No.516

カイロプラクティック・オステオパシーの臨床応用 第14回

脊柱および隣接組織の診方・治し方(その14)

~ストレートネックとむち打ち症~

ホリスティックヘルス大谷治療室 大谷素明 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 今回は、ストレートネックとの関連のお話です。体質性、習慣性によるストレートネック以外では、むちうち症の後遺症としてストレートになったり、逆カーブになっている人を多く見受けます。交通事故が原因による首のこりに悩まされ続けている患者さんも多くいます。今回はストレートネックとむち打ち症の話題です。

 むち打ちは後方あるいは側方から首への加速、減速による力の伝達メカニズムにより起こります。そしてその結果として骨や軟部組織に損傷が生じ、それがさらに、さまざまな臨床症状の発現(むち打ち関連症状)につながることがあるとされています。臨床的には心理学的な問題なども絡み、複雑化していきます。

 ここでは基本的なところだけ見ていきます。むち打ち症は頚部捻挫、頚椎捻挫ともいわれます。むち打ち症は頚椎に隣接した組織の損傷です。また、主に軟部組織の障害なので、X線を撮っても筋・靱帯の障害は現れにくく、病態把握が難しいかと思いますが、骨折が除外されるという大きなメリットがあるので、ぜひ撮ってもらいましょう。

頚椎の靱帯

 頚椎の靱帯は7種類あります(図1)。これらは必須で覚えましょう。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる