週刊あはきワールド 2017年4月5日号 No.516

ヨーロッパ指圧浪越レポート

スマートフォン症候群をメインにブロックされた大腰筋のアプローチ法を指導!

~フランスマルセイユ指圧セミナーに招聘される~

ヨーロッパ指圧浪越代表 小野田茂 



セミナーの開会式













Boudet先生は柔術と指圧の先生


指圧のデモ
 3月11日、12日、フランスのマルセイユで3つの柔術の道場を持っている浪越指圧インストラクターのRoland Boudet先生とMarie Jose Gonzlez先生夫妻の招きで、初めてマルセイユにて浪越指圧セミナーを行いました。

 柔術の先生の傍ら指圧の先生としてご活躍のBoudet先生は、18歳のころから柔道を始めて、そのあとに柔術を習い、今ではフランスの柔術の大先生として日々普及に努めているそうです。

 活法を日本の柔術の先生に学んだそうで、本格的に手技療法を習いたいということで指圧の世界に入り込んだ柔術の先生です。はじめは、増永先生系の学校で学んだそうですが、教育体系があやふやということを日々感じていたそうです。実際禅指圧という増永先生系の学校がたくさんヨーロッパにはありますが、レベルはピンからキリまでというのが、悲しいかな、事実のようです。

 たまたまパリで浪越指圧の講習を受講して違いを見い出し、それ以降浪越指圧を本格的に習ったようです。その後、私たちの浪越指圧ヨーロッパの団体を知り、加入したという歴史があります。

 フランスも大きな指圧の団体が3つほどあり、法制化はされてはいませんが、一般的に指圧という言葉は、だいぶ知れ渡っているようです。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる