週刊あはきワールド 2017年6月14日号 No.525

気の医学 臨床から診た世界 第30回

ライトクリーニングとは何か

美的健康サロン 鍼灸希心院院長 安達一彩 


◎第27回 鍼とは何か
◎過去記事≫≫  もっと見る

定義

 カラダの内部から発する次元が高くて精妙なエネルギーを使って物質を磨きクリアにする手法をいう。宝石でも、クリスタルでもキラキラに輝く。手で拭いただけで輝きが一段とアップする。それがライトクリーニングで「道引の姿勢」をとり「引く」の動作を行うと、物質をクリーンに浄化することができる。5本の指先から気を引ながらクリーニングする方法で、物質の粗いエネルギーを浄化する。いわゆる光で綺麗にする方法だからライトクリーニングと名付けた。「道引の姿勢」とは、立位または座位で背中をまっすぐにして意識をカラダの中心にもっていく姿勢をいう。

 クリーニングする対象はガラスでもよいし、飲料水でもよい。ネックネス、指輪、宝石など光ものを磨けばよりキラキラ度が増して輝く。宝石などは価値も上がるように思えるほどだ。「あっ、綺麗になった。なんで、どうして」と驚くだろう。面白いのは携帯電話を磨くと音もクリアになるから不思議だ。2台の携帯電話をライトクリーニングして音を確認して見るのもよい。そのほか、メガネ、食器、窓、鏡、風呂場などなどでも使える。この効果の範囲が広いことを知るだろう。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる