週刊あはきワールド 2017年7月12日号 No.529

随想

Subcultural Acupuncture (その28)

~「心腎相交」も信心から~

Body & Soul 箕輪政博 


◎その26 鍼灸は埒外か?
◎その25 Kの春
◎過去記事≫≫  もっと見る

1.想起

 「心腎相交」あるいは「心腎不交」(「心腎相交・不交」)という用語(ターム)を聞いたことがあるだろうか? 中医学理論から入ってきた(と思われる)専門タームであり、鍼灸教育における科目「東洋医学概論」や「東洋医学臨床論」でも用いられるようになった、五臓の相互作用を現すものである。以前の教育科目、「漢方概論」世代には聞き慣れないだろう。あはき師世代間に用語認識の差違があるのは事実だが、ここではその議論は抜きにして、東洋医学の専門タームを巡る気付きから、そのすばらしさや意義を再認識してみる。

 そう、柳谷素霊の箴言「古典に還れ」の真の意味が解ってくるのだ。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる