週刊あはきワールド 2017年8月23・30日合併号 No.535

【あはきニュース】

テーマは「日本鍼灸の社会的意義を問う―日本伝統医学、あはきカリキュラム改正、あはき療養費―」

第12回社会鍼灸学研究会開催される



シンポジウム(全体討論)の様子














 第12回社会鍼灸学研究会(形井秀一代表)が8月19、20の両日、東京都渋谷区の東京医療専門学校代々木校舎で開催された。「日本鍼灸の社会的意義を問う―日本伝統医学、あはきカリキュラム改正、あはき療養費―」をテーマに、社会鍼灸学研究者の研究発表や講演、シンポジウム(全体討論)などが行われた。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる