週刊あはきワールド 2017年9月13日号 No.537

気の医学 臨床から診た世界 第33回

エネルギー体感反応とは何か

美的健康サロン 鍼灸希心院院長 安達一彩 


◎過去記事≫≫  もっと見る

定義

 対人間で生じる気の移動を感得する反応をエネルギー体感反応という。患者と治療家間に生じる病の気(質量が重く粗いエネルギー)の移動においては、患者の不調部分が治療家の肉体の同部位にシンクロ反応する性質があることから、これを応用すると病の原因を瞬時に知ることができ、診断即治療につながる。病の原因と治療部位を特定できるので、病状回復が短時間で行われうる。ゆえにエネルギー体感反応をもとにした診断法を「エネルギー体感診断」と名づけた。エネルギー体感反応は患者の不調の原因となるエネルギーを治療家が感じ取る“医能力”と言える感覚でもある。病の原因をエネルギー的に見極め、シンプルで有効な治療を行うには、エネルギー体感反応を磨き、的確に診断できる能力を高めていく必要がある。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる