週刊あはきワールド 2017年10月25日号 No.543

わかりやすい現代語で読む『難経』 第66難

十二経原穴と三焦の関係

欅鍼灸院 名越礼子 


◎第61難 望聞問切の意義
◎過去記事≫≫  もっと見る
 
:経典によると、肺の原穴は太淵にあり、心の原穴は大陵にあり、肝の原穴は太衝にあり、脾の原穴は太白にあり、腎の原穴は太谿にある。少陰の原穴は鋭骨(尺骨茎状突起端陥凹部:ここでは神門)にあり、胆の原穴は丘墟にあり、胃の原穴は衝陽にあり、三焦の原穴は陽池にあり、膀胱の原穴は京骨にあり、大腸の原穴は合谷にあり、小腸の原穴は腕骨にある、という。十二経がすべて輸穴を原穴としているのはどういうことか?
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる