週刊あはきワールド 2017年11月8日号 No.545

新米鍼灸師の研修奮闘物語 File.7

Resident.SeのBSL(Bed Side Learning) Diary(7)

~多職種の医療者で学ぶ「ともクリキャンプ」開催!~

鍼灸レジデント1年目 平岡遼 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 この記事の出る直前の週末である11月4日~5日の二日間に、ともともクリニックにて継続して行われている「ともクリキャンプ」が開催されました。今回はなんと総勢24人の方にお集まりいただきました。その中には、鍼灸師はもちろん、医師、医学生、薬剤師、看護師など様々な職種の方がいらっしゃいました。今回は興奮冷めやらぬフレッシュな報告をしていきたいと思います。

■ずーっと、考える

 私が研修させていただいているTOMOTOMO(友と共に学ぶ東西両医学研修の会)は、鍼灸師、医師、薬剤師、看護師、理学療法士、またそれらの学生をはじめ、医療に関わるすべての人に開かれた勉強仲間の会です。2001年に結成されて以来、僻地や被災地での医療ボランティアを通して東西両医療を共に学ぶ場となり、2012年には拠点となるともともクリニックが開設されました。それ以後、継続的に泊まり込みの「ともクリキャンプ」が開催されてきました。私は2015年の12月からTOMOTOMOに顔を出すようになったので、去年のキャンプに続き2回目の参加でした。6回目となった今回のキャンプのテーマは「ずーっと、考える」でした。

 参加者は、2日間合わせて鍼灸師14名(1名は兼看護師)、医師4名(うち後期研修医2名)、医学生4名、薬剤師1名、高校生1名の合計24名という大所帯になりました。20人を超す人がクリニックの中に一同に会し、肩が触れるほどの距離で目を皿にしてさらに耳はダンボにしながら演者の話に聞き入り、問いかけには頭をひねらせる、とても濃密な時間を過ごすことができました。また、今回は考えること、学ぶことがテーマの中、色んな年代の医療者に加えて高校生も参加したため、色々な立場から感じる学びや考えがとても刺激になりました。

 ちなみにこの高校生(しかも1年生!)は鍼灸師の娘さんで、医学部に行く道を考えており、いまは色んな人と会って話をしたいということで、たった一人で参加を申し込んできたすごい女の子でした。その勇気に感服して全員で色んなアドバイスをしていましたが、実はアドバイスしながら自分の高校時代を振り返って原点に立ち返ったりすることで、逆に私達も良い刺激をもらっていたように感じます。

■2日間みっちり学び考えよう!

 キャンプのスケジュールは以下のようになっていました。初日には木村先生に助けていただき、私も拙いながら演者としてお話させていただきました。その日の夜には医学部5、6年生が数週間の外部病院での研修で学んだことを発表してくださり、どれもとても勉強になったので今回はその内容をお伝えしようと思います。

11月4日(土)初日
15:00~18:00 <整形外科エコーの実際> 平岡遼 木村朗子
 ★腰部を中心に、解剖、触診、エコーの実習などを行います。
   時間があれば他部位に移ります。

18:00~19:30 <医大生は考える>
 1.「地域実習in鳥取」自治医科大学医学部5年生 Sさん
 2.「質問です。あなたは、身体的、精神的、社会的に今良好な状態ですか?」
   自治医科大学医学部6年生 Mさん
 3.「学びについて」自治医科大学医学部6年生 Oさん

19:30~22:00 <懇親会&ビール討論会>
 「各時期における勉強の仕方を考える」

22:00~ <泊まる人達は…、風呂、寝床のなかで考える>

11月5日(日)二日目
9:00~10:30 <症例から診察の手順、臨床思考をディスカッション>石川家明
 ★実習に出てから疑問に起きた症例を材料に皆で「考え方」を学びます。

10:30~12:30 <水湿証の漢方処方の出し方を考える>石川家明
 ★台風が近づくと症状が出る人、出ない人、でも体調が悪くなる人が
   多いですね。天気病として認識され始めましたが、漢方では多くは
   水湿の体質に関わってきます。今回は水湿証から漢方処方を考え
   ます。例えば五苓散。経穴も考えましょう。

12:30~13:30 <昼食>
 ★美味しい弁当用意あり。舌鼓を打ちながら考える。

13:30~15:30 <七情からの漢方処方~災害医療を考える~>木村朗子
 ★被災地で様々な心理的ストレスに晒された方々の症例を通して、東洋
   医学で心理的ストレスをどう扱っているのか、考えます。実は被災地の
   皆さんのつらさは、被災地ではない場でも十分に起こります。この考え
   は、ストレスを感じているあなたや、周りのストレスを抱える人々をも救
   います。

帰り道 <電車の中で考える>
 ★悶々と、黙々と、もじもじと…。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる