週刊あはきワールド 2017年12月13日号 No.549

『難経』私考 その63

四時五臓の刺針

欅鍼灸院 名越礼子 


◎その62 井穴の刺針
◎その61 迎随について
◎その60 営衛の刺法
◎過去記事≫≫  もっと見る

74難は『霊枢』順気一日分為四時篇よりも分かりやすいが…

 74難は、春夏秋冬と五臓の関連から、刺針について述べています。『霊枢』順気一日分為四時篇にも五臓と季節と五輸穴の関連から刺針を行うことが述べられていますが、たいへん複雑で分かりにくいものです。それは、時間と病気(臓腑の虚実)の関連から適切な治療法を考え出さなければならないからです。つまりこれは、子午流注の方法なのです。本難では、かなり簡素化されており、臨床上は参考にしやすくなっているといえます。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる