週刊あはきワールド 2018年1月17日号 No.553

『難経』私考 その64

肝実肺虚を瀉心補腎法で治療する

欅鍼灸院 名越礼子 


◎その63 四時五臓の刺針
◎その62 井穴の刺針
◎その61 迎随について
◎過去記事≫≫  もっと見る

75難はいわゆる「子盗母気」の原則を用いたもの

 75難は、「子はよく母の気を食う」という五行学説におけるいわゆる「子盗母気(しとうぼき)」の原則を用いたものです。

 脈や症状から肝実であることが分かった場合、肺の症状を観察して肺虚であることが分かれば、心火を瀉し、腎水を補うという治療法(瀉火補水すなわち瀉南補北)を用いる、ということです。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる