週刊あはきワールド 2018年1月24日号 No.554

在宅ケア奮闘記 その133

Yさんを襲った悲劇

~転倒して骨折すると生活が一変する~

訪問リハビリ研究センター代表 西村久代 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 ダイニングキッチンで後ろにある食器棚からお皿を出そうとして体を捻じったとき、Yさんに悲劇が起こった。体が宙を舞って尻餅をついたと思ったら激痛のために動けなくなったのだ。

 右の殿部から足の後ろがズキズキ痛む。しばらくの間ジッとうずくまっていた。呼吸も止まったかと思った。でも、「このままではだめだ」と勇気を振り絞り、テーブルの上にある携帯電話を必死で取って、息子に電話した。しばらくして息子が来てくれて救急車を呼び病院に運んでくれた。少しでも動かすと激しく痛むので息を止めて我慢した。痛くて自然に涙が出てしまう。第1腰椎の圧迫骨折だった。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる