週刊あはきワールド 2018年3月21日号 No.562

『霊枢』 を読もう! 第10回

本神(人体の精神活動) 第8

欅鍼灸院 名越礼子 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
黄帝が岐伯に問う刺針の法則といえば、まず必ず病人のあらゆる精神面の状況を理解することが根本である。血、脈、営、気、精神活動は、いずれも五臓に内蔵される生命維持活動を行っている。もし五臓の働きから離れるようなことになれば、生殖の働きは失われ、魂魄も放逸され、志や意もぼんやりとして混迷してしまい、智慧や思慮も失われてしまう。これは一体どういうことなのか? 自然界の懲罰なのか? はたまた人の過失によるものなのか? そもそも徳、気、生、精、神、魂、魄、心、意、志、思、智、慮とは何なのか? これらの因果関係を聞きたい。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる