週刊あはきワールド 2018年3月28日号 No.563

Let’s はりきゅう遊学 第46話

坐骨神経痛

~坐骨神経痛に胃兪?・中高年~

お灸とハリ治療の専門家 福島哲也 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 今回のメルマガが配信される日が、ちょうど今年の「はり師・きゆう師」の国家試験の合格発表のようですね。各方面から、「今年の試験は難しかったので、例年以上に予想合格率が低い」という情報が耳に飛び込んできましたが、蓋を開けてみた結果はどうだったのでしょうか?

 無事にサクラ満開だった皆さんには、「まずは、合格おめでとうございます。でも、ここからが本当のスタートですので御覚悟を!」と、また今回は惜しくも花ビラが散ってしまったかたには、「涙は今日だけにして明日からは心機一転、自分の目指す道を再び歩き出してください」というエールを送ります。

坐骨神経痛に胃兪?

 最近、症例についてあまり取り上げていなかったような気がするので、先日、灸法臨床研究会で坐骨神経痛のモデル患者になっていただいた、Nさん(73歳・男性・鍼灸師ではなく一般のかた)の事例を紹介しておきます。

初診(研究会のデモンストレーション)
・主訴
 ♯1左右の殿部から大腿および下腿後面にかけてのしびれと痛み
 ♯2左の足首付近と指先のしびれと痛み
 ♯3背中が丸くなってきているのが気になる。

♯1および♯2は、立っているとツラいとのこと。

・所見:胸椎部凹、腰椎後湾気味。左の脊柱起立筋の筋緊張が強い、右腸骨稜の上際付近   が虚(軟弱、凹)。下腹部および左右脇腹全体が虚(軟弱、凹)。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる