週刊あはきワールド 2018年6月6日号 No.572

Dr.シノハラの鍼灸徒然草 第14話

唇が荒れて膝が痛い!

~足陽明経、厥陰経の熱を呈した症例~

九州看護福祉大学鍼灸スポーツ学科 篠原昭二 


◎過去記事≫≫  もっと見る

しょっちゅう唇が荒れて膝が痛くなる!

 21歳、男性。特に思い当たる原因もなく、いつも唇が荒れ、膝が痛くなる。特に水曜日はサッカーをやっており、ひどいときには足を引きずる感じで歩くことがある。便通はあるも、軟便あるいは下痢をすることが多く、ときに胃の不快感を自覚する。治療は何もしておらず、病院等にもかかっていない。比較的安静にしていれば痛みの程度は自制内であることから、放置していた。自分ではそうは思っていないが、友人によれば、短気でイライラするタイプとのこと。今現在は、膝の痛みは自覚しないが、起座動作時に膝前面に軽度の違和感を覚える程度である。

 膝前面の痛みは、足陽明経筋の流注する部位である。また、唇の荒れは、脾胃の異常を示唆し、胃の不快感およびいつもゲップが出やすい、軟便下痢をしやすい等から、脾胃の異常が濃厚である。ときに、人の言動にいらつくことがあるが、今日はそれほど気にならないとのこと。

東洋医学的所見

 舌は、やや淡紅で湿潤、白

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる