週刊あはきワールド 2018年6月6日号 No.572

カイロプラクティック・オステオパシーの臨床応用 第27回

リスティング(4)

~アトラス(環椎)のリスティング~

ホリスティックヘルス大谷治療室  大谷素明 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 

環椎の形状

 環椎は、椎体がない、棘突起がないというのが他の椎骨との大きな違いです。両側の外側塊で、上面は後頭顆と下面は軸椎と面しています。頭蓋と軸椎を繋ぐ役割をしつつ頭部の眼の動きと密接に連動しています。眼を使う頭の動きはこの後頭骨を含む環椎、軸椎で構成される上部頚椎で行われています。

 環椎は荒っぽく、機械でいえばボールベアリングやワッシャーのような部品かもしれません。頭蓋という重要な部分を載せている椎骨であることと、脳幹部が上部頚椎のところまで存在していたりで、この部位での椎骨の変位には着目度が高いです。そのようないろいろな意味で環椎は人気者です。

環椎のリスティング

1.環椎のリスティングは12種類
 環椎のリスティングは軸椎を基準対象としています。軸椎に対してどう変位しているかを表します。後頭骨との関係ではありません。

 環椎のリスティングには次のような種類があります。

ASR、ASL、ASRA、ASLA、ASRP、ASLP
AIR、AIL、AIRA、AILA、AIRP、AILP
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる