週刊あはきワールド 2018年6月27日号 No.575

治療家のための薬の基礎知識 第18回

脂質異常症改善薬(4)

~スタチンの副作用とその症例 その1~

千葉大学医学院和漢診療学非常勤講師 和光治療院・漢方薬局 平地治美 


◎過去記事≫≫  もっと見る

●スタチンの副作用

 スタチンの副作用で私達あはき師が最も注意すべきものは「横紋筋融解症(おうもんきんゆうかいしょう)」です。骨格筋の細胞が壊死(えし)することにより、服用後数週間から数カ月間で筋肉痛や脱力などが起きることがあります。

・手足・肩・腰・その他の筋肉が痛む
・手足がしびれる
・手足に力が入らない、こわばる
・全身がだるい
・尿の色が赤褐色になる

が具体的な症状です。

 もともとこういった症状を訴えて治療院に来院する患者さんは多いので、副作用との鑑別が難しい場合もあります。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる