週刊あはきワールド 2018年8月1日号 No.580

カイロプラクティック・オステオパシーの臨床応用 第29回

モーションパルペーションとフィクセーション

ホリスティックヘルス大谷治療室 大谷素明 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 前回までの説明でリスティングのアイデアはつかめたでしょうか。日々訓練を積まないとなかなか身につきません。

 私は実際の臨床の中で常に椎骨がどのように配列しているかを視診、触診を通して推測するよう努めています。その時にはリスティングの表現形式を利用してイメージを作っています。

1.リスティングは姿勢を観察することでも推測できる

 患者さんに自動運動をしていただくだけでも胸腰椎部での側屈フィクセーションを起こしている部位が推測できる方法を説明します(図1)。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる