週刊あはきワールド 2018年8月8日号 No.581

治療家のためのセルフエクササイズ 第28回

ウェートトレーニングに学ぶ効率的エクササイズ(3)

~オーバーヘッドスクワット~

ATC&鍼灸師 山下貴士 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 スクワットはそれだけでも十分多くの要素を含んだエクササイズですが、さらに体全体の使い方を鍛えることができるのがオーバーヘッドスクワットです。オーバーヘッドスクワットとは、重りを両手で頭の上に持ち上げた姿勢で行うスクワットです(図1)。


図1

















 重りを持たずにオーバーヘッドスクワットを行うこともできますが、重りを持つことで体の中心を意識しやすくなるので、ゴブレットスクワットと同じように、体を真下におろす正しいスクワットの姿勢を身につけることができます。ゴブレットスクワットと違うのは、オーバーヘッドスクワットの方は、重りの位置がより高いので、少しでも中心がずれるとバランスを取りにくくなり、より中心を正しくとることを求められる点です。これ以外にも正しいオーバーヘッドスクワットは以下のように多くの要素が鍛えられます。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる