週刊あはきワールド 2018年9月19日号 No.586

在宅ケア奮闘記 その141

Wさんの膝は気象予報士

~台風が近づくと膝が痛い!~

訪問リハビリ研究センター代表 西村久代 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 Wさんは見るからに、かなりのO脚の持ち主。台風が近づいてくると膝が痛み出す。先日の台風21号の時もとても痛み出した。曲げにくく膝の中が腫れたようになり、疼く。

 Wさんは1938(昭和13)年生まれの80歳の女性で、週1回デイサービスに通い、私の訪問マッサージを週2回受けている。変形性側弯症、両変形性膝関節症、左肩関節周囲炎があり、自室では手すりや壁に伝って自分で歩くことができる。

Wさんの膝が痛み出すと天気が悪くなる

 9月4日、大阪に大型台風(台風21号)が大接近し、大きな爪痕を残していった。私はその日、荒れるのは午後からと勝手に決めつけ、午前中は在宅患者を訪問して回ることにしていた。朝からすでに暴風雨警報が出ており、市内の学校は休校になっていた。交通関係ではJRは朝から運休。私鉄も午後からは運休。ハルカスやミオという大型ショッピング施設も朝から休業していた。当社のスタッフ一同も警報が出ているので休みにしていたのだが、午前中は大丈夫だと自己判断・自己責任で、私は患者宅に向かった。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる