週刊あはきワールド 2018年10月3日号 No.588

地域・家庭医療としての鍼灸マッサージのすすめ 第2回

家庭医と鍼灸マッサージ師そしてプライマリ・ケア

一寸法師ハリ治療院 中沢良平 


家庭医や総合医の役割は鍼灸マッサージ師と同じ

 1997年、米国家庭医学会は「家庭医はなにを専門にしているのですか」という問いに「家庭医はあなたを専門にしている医師です(the doctors who specialize in you)」という回答を出したキャンペーンをしました。葛西龍樹先生はこれを噛み砕いて、「あなたの内にある臓器や疾患はもとより、心に湧き起こる心配や苦しみも、そしてあなたの外にあってあなたにかかわる家族と地域・社会も含めて、あなた全部を家庭医は専門にしている」と説明されています。

 社会的背景を含め心身両面を常々見ているということですね。

 「家庭医」と似た言葉として「総合医」があります。国民健康保険中央会では、総合医に関する研究会を設置して10年間の調査研究をし、結論として総合医がいつの時代にあっても、どのような社会であっても果たすべき役割として4つの点をあげました。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる