週刊あはきワールド 2018年11月7日号 No.592

カイロプラクティック・オステオパシーの臨床応用 第32回

モーションパルペーションの実際(3)

~仙腸関節のモーションパルペーション~

ホリスティックヘルス大谷治療室 大谷素明 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 仙腸関節には可動性があります。歩行時に歩幅を広げると仙腸関節の動きがそれに伴い、よく動いているのが分かります。この可動性が失われると歩幅の狭い歩行になってしまいます。

 この仙腸関節の動きを検査するのがモーションパルペーションです。どの方向に動きが悪いか調べていきます。寛骨(腸骨)の変位を調べるわけですが、仙骨を介して、左右の仙腸関節の相対的な位置関係と可動性の比較をします。その位置と可動性をモ−ションパルペーションで調べていきます。

 仙腸関節の可動性は座位で簡易的に調べることができます。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる