週刊あはきワールド 2018年11月14日号 No.593

◎◎はこう治す! 私の鍼灸治療法とその症例 File.55-2

感冒はこう治す(その2)

~北辰会方式による気滞表証の症例~

(一社)北辰会代表理事 藤本玄珠堂 藤本新風 


◎本シリーズの過去File≫≫  見る
 
 先週号では「北辰会方式による感冒の鑑別診断」について解説した。今号では気滞表証(気滞感冒)の症例について紹介する。

気滞表証の症例

患者:66歳、女性、専業主婦。身長166㎝、体重53㎏。

初診:平成X年10月2y日。

主訴:同年8月中旬から初診現在まで、カゼ症状が治らず続いている。常時咳嗽・痰・鼻汁があり、常に気だるく時折発熱するため最低限の家事だけしてその他は寝て過ごしている。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる