週刊あはきワールド 2018年12月5日号 No.596

学会レポート

World Scientific and Cultural Dialogue on Acupuncture(WSCDA)−WFAS2018パリ大会−参加レポート

明治国際医療大学特任准教授 斉藤宗則 


 

世界鍼灸デイにおける実行委員会メンバー紹介


















 世界鍼灸学会連合会(World Federation of Acupuncture and Moxibustion Societies, WFAS)のパリ大会が、2018年11月16~17日にフランス・パリで開催された。パリにはユネスコ(国際連合教育科学文化機関、United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization, UNESCO)の本部があり、2010年に「伝統中国医学の鍼灸(Acupuncture and moxibustion of traditional Chinese medicine)」が無形文化遺産に登録された経緯がある。その登録を記念して15日に“World Acupuncture Day”(世界鍼灸デイ)も開催され、パリ宣言が採択された。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる