週刊あはきワールド 2018年12月12日号 No.597

第46回日本伝統鍼灸学会(併催:第27回日本刺絡学会)大阪大会ツイート集

大阪大会はどうでしたか?

その2


 
 第46回日本伝統鍼灸学会(併催:第27回日本刺絡学会)大阪大会ツイート集のその2です。前号では、「大会前につぶやきたいことは?」から始まり、大阪大会全体の感想は? 大阪大会の会場は? 大阪大会の運営は? 大阪大会の商業展示は? 大会テーマ「日本伝統鍼灸の確立に向けて-日本鍼灸のアイデンティティ-」は? 特別講演「古武術の新しいカタチ」は? 特別講演「死の不安の解決は」は? 特別講演「日本の妖怪文化―『針聞書』の思想的風土―」は? 特別講演「市制70周年記念・茨木の文化と近代化―キリシタン遺物の発見と継体天皇陵治定問題を中心に―」は? 特別講演「戦国時代の茨木氏と茨木城―『針聞書』の歴史的背景―」は? 基調講演「今新流開祖・茨木元行の著作と臨床」は? 会長講演「気を考える」は? 会頭講演「小児はりのすすめ」は? 教育講演1「流派について」は? 教育講演2「刺絡療法が、難治性疾患、奇病を治す―我が国の医療に欠けたもの―」は? 教育講演3「インテグラル・アクパンクチャー一統合的鍼灸治療―」は? 教育講演4「伝統鍼灸のグローバルな連携」 は? シンポジウム1「気口九道脈診を語る」は? シンポジウム2「日本鍼灸のアイデンティティとは」 は? シンポジウム3「日本伝統鍼灸における腰痛治療の標準化を目指してII」は? といったテーマに関するツイートを収載しました。今号では、実技セッション1「打鍼術」は? 実技セッション2「気口九道脈診」は? 実技セッション3「刺絡鍼法」は? 実技講演1「脉状診による全人的把握と、生活全般の指導と応用」は? 実技講演2「八木素萌師と『難経』の世界」は? 特別企画「平成を翔ける流派と私」は? 学術部セミナ一1「江戸期の鍼灸から何を学ぶか」は? 学術部セミナ一2「明治期の鍼灸教育が今にもたらしたもの」は? 国際部セミナ一「世界の鍼灸事情」は? 日中学術交流会「日中の鍼灸理論と実技」は? 日本伝統鍼灸用語編纂委員会は? 刺絡セミナー 「臨床が証明する刺絡の可能性」は? などについてのつぶやきです。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる