週刊あはきワールド 2018年12月26日・2019年1月2日合併号 No.599

阿是指圧による体にある4つの首の治療 第15回

手首の治療

~その2 ローテーターカフ(回旋筋腱板)~

日西指圧学院 小野田茂 


◎過去記事≫≫  もっと見る

ローテーターカフ(回旋筋腱板)を構成する筋肉

 ローテーターカフとは棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋を総称した呼び名です(図1~図5)。この4つの筋肉は、肩甲骨に起始して上腕骨に停止する筋肉です。肩関節のさまざまな動きを司ることはもちろんですが、肩関節の安定性、すなわち肩関節がスムーズな動きを全うさせるためになくてはならない筋肉です。




図1








































 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる