週刊あはきワールド 2018年12月26日・2019年1月2日合併号 No.599

【あはきニュース】

保険が使える変形徒手矯正術を身につけたい!

第2回変形徒手矯正術&トランスファーテクニックセミナー開催される


 














 保険(療養費)が使える関節拘縮に対する手技である変形徒手矯正術と介護現場で役立つトランスファーテクニック(移動・移乗の介護技術)が学べる第2回変形徒手矯正術&トランスファーテクニックセミナー(ヒューマンワールド主催)が12月1日、大阪市淀川区の大阪ハイテクノロジー専門学校スポーツメディカル棟(第2校舎)で開催された。講師は『AZP理論に基づく変形徒手矯正術』『誰でもできるトランスファーテクニック』の著者、西村久代氏が務めた。

 変形徒手矯正術とトランスファーテクニックがセットになった形でのセミナーは今回が2回目。セミナーの前半では、そのAZP(Anatomic 0〔Zero〕 Position=解剖学的肢位)理論をしっかり学んだあと、片膝関節屈曲拘縮(4の字拘縮)、両膝関節屈曲拘縮(内また拘縮)、上肢の拘縮に対する「変形徒手矯正術」の実技指導などが丁寧に行われた。後半のトランスファーテクニックでは、在宅や介護の現場で必要なさまざまな移動・移乗の技術が伝授された。

 なお、次回の変形徒手矯正術&トランスファーテクニックセミナーは来年6月に東京で開催される(詳細は≫≫ こちら )。
 
第3回変形徒手矯正術&トランスファーテクニックセミナー
2019年6月開催
日時 2019年6月2日(日)10時~16時45分
内容 AZP理論に基づく変形徒手矯正術』と『誰でもできるトランファーテクニック』をテキストにしてその実技を学ぶ
講師 西村久代(株式会社訪問リハビリ研究センター代表取締役)
会場 東京都内
詳細 https://www.human-world.co.jp/seminer/seminer097.html

 




トップページにもどる