週刊あはきワールド 2019年1月9日号 No.600

特別寄稿(お祝いのことば)

「600」の意味するもの

~あはきワールド600号を祝う~

 浦山きか 


 
 「あはきワールド」600号、おめでとうございます。

 本誌は、2006年8月25日のパイロット版に始まり、同年9月6日に第1号が配信されてより、改元をひかえた2019年年頭の600号で、足掛け14年の長きに至ります。週刊という形式を生かした、常にあはき業界のリアルと併走しつつ、新鮮な情報を発信し続けるあり方は、すでに安定しているといってもよいのではないかと思います。記事のラインナップを見ても、執筆者の専門性におけるバランスのよさと多彩さは、きわめて魅力的です。

 さて、「600」の「六」は、バランスのよさと安定をあらわす数です。

 五行を代表とする〈五〉が数の中でも特別な位置を占めるようになる前に、または占めた後でも、〈六〉という数は、〈五〉の陽剛(刑罰・威厳・殺戮)に対して陰柔(文治・礼儀・祭祀)を表わす聖数であったと指摘されている。〔葉舒憲・田大憲著、鈴木博訳『中国神秘数字』、青土社、1999年〕

 文学や哲学においては、例えば「乾坤」といえばその動乱を、「天地」といえばその平安を示しますが、要素同士を結んで二つの関係性をアクティブに作る五行に代表される「五」と違って、「六」は陰柔と調和を示す数字でした。『周礼』天官・医師章においては、統括の役割である「十全」たる「医師」、「五味」や「五薬」を用いて治療にあたる「疾医」「瘍医」に対して、総体的な調和を図ることを目指す「食医」の職務が、「六食」「六飲」「六膳」を調えることでも理解できます。「五」と「六」の関係は、医学では五臓は陰で六腑は陽であるように、他分野とは逆の性質を付与して発展しました。「陰陽」の尊卑の考え方においても医学は諸分野とは逆であったりします。

 また、「百」は、「すべて」の意味で使われます。「百下百全之道」とは、『漢書』馮奉世伝に見える、全てがうまくいく方策を指します。隴西の羌の反乱におもむく将軍・馮奉世に対して、元帝は「将軍材質の美を以て、精兵を奮わしめ、不軌を誅するは、百下百全の道なり」といい、もう一人将軍を加えて出陣するようにと申し渡します。果たしてこの戦いの末、馮奉世は名将と称されるようになりました。本誌所載のあらゆる記事が、単に言葉による表現にとどまらず、臨床と経験の両者の上に入念に考えられて成立していることが、誌面の「百全」を生み出していると言えましょう。

 さて、最後に、中国の古典で「六百」といえばこの逸話といえそうな例を見ておきましょう。『史記』の中で、張儀が「六百里を割譲する」と楚の国を謀って斉との同盟を破棄させ、問い詰められると「割譲できるのは六里」とうそぶいた故事が浮かんできます。蘇秦・張儀といえば「合従連衡」、「合従連衡」とは、小国が強国と結ぶか或いは結託して強国に対抗するかという、戦術的な乗り切り方の種々の応酬を指します。

 今後、日本の「あはき」の立場は、さらに重要となり、さらに難しくなってゆく可能性があります。その中で、小国ながらも自らの長所については譲ることなく、戦術を誤ることなく、正しく方向性と指針を決めてゆくために、本誌は、さらに重要な位置を占めることになるかも知れません。築いた安定に固執することなく、よりよい誌面を目指してゆかれることを祈り、本誌と執筆者諸氏のさらなるご活躍を期待しつつ、お祝いの言葉とさせていただきます。

この記事に対するご意見やご感想をお寄せください≫≫ Click Here!
 
クリニカルエクササイズセミナー
2019年2月開催
日時 2019年2月17日(日)9時45分~16時45分
内容 クリニカルエクササイズ』をテキストにして、体を楽に効率よく動かすための機能的エクササイズを学ぶ
講師 山下貴士(アスレチックトレーナー)
会場 東京都内
詳細 https://www.human-world.co.jp/seminer/seminer093.html
 
阿是指圧セミナー
 2019年2月開催
日 時 2019年2月23日(土)9時30分~16時30分
会 場 東京都内
内 容 阿是指圧』をテキストにして痛みを取る阿是指圧の技を伝授する
講 師 小野田茂(日西指圧学院代表)
詳 細 https://www.human-world.co.jp/seminer/seminer095.html
 
アスパ・メソッドセミナー
 2019年2月開催
日 時 2019年2月24日(日)9時30分~16時30分
会 場 東京都内
内 容 アスパ・メソッド』をテキストにしてアスパの法則と施術方法を伝授する
講 師 小野田茂(日西指圧学院代表)
詳 細 https://www.human-world.co.jp/seminer/seminer096.html
 
腹診による「毒」と「邪気」の診察と杉山真伝流の刺鍼法セミナー
2019年3月開催
日時 2019年3月10日(日)12時20分~16時30分
内容 腹診による「毒」と「邪気」の診察と杉山真伝流の刺鍼法を学ぶ
講師 大浦慈観(はり・きゅう治療処 路傍庵院長)
会場 東京都内
詳細 http://www.human-world.co.jp/seminer/seminer094.html
 
第3回変形徒手矯正術&トランスファーテクニックセミナー
2019年6月開催
日時 2019年6月16日(日)10時~16時45分
内容 AZP理論に基づく変形徒手矯正術』と『誰でもできるトランファーテクニック』をテキストにしてその実技を学ぶ
講師 西村久代(株式会社訪問リハビリ研究センター代表取締役)
会場 東京都内
詳細 https://www.human-world.co.jp/seminer/seminer097.html

 




トップページにもどる