週刊あはきワールド 2019年2月6日号 No.604

カイロプラクティック・オステオパシーの臨床応用 第35回

側弯症について

~そのなかでも思春期特発成側弯症~

ホリスティックヘルス大谷治療室 大谷素明 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 側弯症は背骨に関することなので、患者さんにはいろいろと聞かれます。その中で多い質問は、「娘が側弯症と言われたのですが、治るでしょうか」というものです。

 治るとは答えられません。程度・時期によって対処法が異なります。我々が手に負えないレベルか、改善が見込まれるレベルか、現状を維持できるレベルなのかという線引きをどこでするかという判断です。

 側弯症という言葉に過剰に反応してしまう患者さんもいるので、誤解のないようにしっかり説明してあげましょう。

側弯の種類

 側弯を大別すると機能性側弯と構造的(構築性)側弯があります。構造的側弯症は側弯とともに椎骨が回旋していて、肋骨の変形を伴います。高度の場合には楔状椎骨がみられることもあります。肋骨の変形が胸郭の変形となり、胸腔を狭めたり、美容的な問題を引き起こします。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる