週刊あはきワールド 2019年2月13日号 No.605

治療家のためのセルフエクササイズ 第34回

筋バランスを整える重要部位3

~筋トレ編(2) 中殿筋のトレーニング~

ATC&鍼灸師 山下貴士 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 筋バランスを整えるために一般的に弱化しやすい殿筋として、大殿筋は重要な筋ですが、中殿筋も大殿筋に負けず劣らず、大切な筋です。

 中殿筋というとトレンデレンブルグ徴候を思い出すかもしれません。トレンデレンブルグ徴候とは、片脚立ちになった際に、体の垂直を保てるかどうかを確かめるテストで、中殿筋の機能や先天性股関節脱臼の検査にも用いられます。トレンデレンブルグ徴候にもみられるように、片脚立ちが中殿筋の重要な作用です。片脚立ちになること自体は、日常生活では少ないかもしれませんが、片脚立ちになる機能は安定した歩行やバランスを崩した状態からの回復にも関与しています。このように考えると、中殿筋が安全で疲れにくい日常生活に必要な筋であるということが分かります。

 また、中殿筋の機能を動作で示すとサイドステップになります。サイドステップは、スポーツや満員電車の中の移動で使うくらいかもしれませんが、おそらく二足歩行を行う人間だけができる特殊な動作ではないでしょうか。皆さんは、サイドステップする犬を想像できますか?

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる