週刊あはきワールド 2019年3月20日号 No.610

在宅ケア奮闘記 その147

H子さんは夜になると夫を寝かせない

~夫婦喧嘩する老々介護の一風景~

訪問リハビリ研究センター代表 西村久代 


◎過去記事≫≫  もっと見る

ほとんど寝たきりのH子さんは要介護5

 視力障害があり人工透析を受けながら暮らすH子さんは88歳。股関節骨折を起こし、ほとんど寝たきりの状態で要介護5。四肢の関節拘縮もあり、筋力がかなり低下しているので、下肢の血行促進マッサージやADL訓練を中心に行っていて、意欲を鼓舞して立位訓練と少しの歩行訓練を行っている。

 ヘルパーが毎日入り、食事介護や入浴介助、透析の送迎を行っている。ヘルパーさんのいない時間は、心機能が悪く、いつもゼイゼイと呼吸音を鳴らし、椎間板ヘルニアで手術した腰を撫でながら、86歳のご主人が奥さんの介護をしている。

ご主人からの内緒の電話

 そのご主人から電話がかかってきた。

 「女房には内緒ですけど、どうにかなりまへんかぁ」

 「どうしたの」と聞くと――。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる