週刊あはきワールド 2019年3月27日号 No.611

治療家のための薬の基礎知識 第27回

ピルの副作用(1)

~ピルの使用目的、海外と日本の意識の違い、ピルの種類と服用方法~

千葉大学医学院和漢診療学非常勤講師 和光治療院・漢方薬局 平地治美 


◎第25回 漢方薬の副作用(6)
       ~附子(ぶし)~
◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 ピルといえば避妊のためのものと思われるかもしれませんが、避妊の他に婦人科系の疾患の治療などにも使用されます。

 ピルは「黄体ホルモン(プロゲステロン)」と「卵胞ホルモン(エストロゲン)」という女性ホルモンを主成分とした薬剤の総称です。

(ピルの使用目的)

 ・避妊
 ・子宮内膜症の治療
 ・生理痛の軽減
 ・月経のコントロール
 ・ニキビの治療

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる