週刊あはきワールド 2019年4月24日号 No.615

症例報告

立っていて足がだるくなるのは胃と肝の弱りが原因だった女性美容師

田中鍼灸指圧治療院院長 田中勝 


 女性美容師(34歳)が10カ月ぶりで筆者の治療にかかった。美容師が一人、止めたまま人が入らないので忙しくて来ることができなかったという。仕事で立っていると右足がだるくなって、お客さんに見られないように「膝を屈伸するんです」との訴え。

 ベッドに背臥位に寝てもらい、最もだるくなる部位を聞いて揉むと胃経の足三里より4㎝ぐらい下方で前脛骨筋の前縁であった。このツボに刺鍼して響かせると足の肝経、太衝に響くことが多いので、肝に関係したツボであると推測される。前上巨虚と名付けている。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる