週刊あはきワールド 2019年5月1日号 No.616

カイロプラクティック・オステオパシーの臨床応用 第38回

神経根症について

ホリスティックヘルス大谷治療室 大谷素明 


◎第37回 尾骨の痛み
◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 頚腕症候群、頚腕痛というカテゴリーの患者さんを診るときに、まず脊髄症を除外できるかどうかを確認することが大切です。患者さんは頚椎ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性頚椎症のような診断を整形外科で頂いてくる患者さんがおられますが、それを鵜呑みにせず患者さんの症状、所見を今一度自分で調べてみてください。そして、頚椎の可動性や筋筋膜触診を行ってみてください。ここは整形外科の先生方が着目することが少ないところなのでしっかり触診してください。

 その結果、もし脊髄症の疑いが少しでもあれば専門医に精査してもらいましょう。脊髄症を除外できたら、次に神経根症を疑ってみましょう。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる