週刊あはきワールド 2019年6月12日号 No.621

◎◎はこう治す! 私の鍼灸治療法とその症例 File.62-2

私は病をこう治す!(2)

~膝痛と難病(骨髄異形成症候群)の患者さんを無邪気に応援した症例~

表参道ビオ東洋医学センター 高橋亨 


◎本シリーズの過去File≫≫  見る
 
 前号では私の鍼灸治療法というよりも、治療スタイルを紹介しました。治してやろうなどという邪心をもたずに、無邪気に患者さんを応援することの大切さを述べました。今号では、患者さんを無邪気に応援した症例を2例紹介します。

【症例1】右膝の慢性的な痛みを訴える某競技アスリートの例

患者:某競技アスリート(日本代表クラス)。

主訴:右膝の慢性的な痛み。

既往歴:半月板を手術している。

 怪我による精神的ストレス。試合を離れている焦り、走れなくなるかもしれない不安。調子が良い状態で使ってもらえない苛立ち。

 他県から週に2回通っていました。「ここで治療してもらうと不思議と元気が出るんです」と言ってくれます。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる